1.選手資格
1-1 年齢は、16歳以上24歳未満とする。
1-2 エフチャンネルリーグの他チームと2重登録されていないこと。
※日本ソサイチ連盟主催のソサイチリーグとの2重登録は可能
1-3 外国籍選手の登録人数制限の枠を設けない。

2.登録
2-1 選手登録の有効期間は、登録日からシーズン終了までとする。
2-2 上記以降の追加登録は随時受け付けするが、試合出場については次のとおりとする。
リーグ戦期間中の2週間前までに登録を完了させ、次節からリーグ戦に出場することができる。
※同じ節での他チームで被りのある出場は不可
2-3 他チームへの移籍は、全節の半分に当たる節(割り切れない場合はその次の節)まですることができる。

3.組み合わせ及び日程
3-1 実行委員会は、シーズン全節終了後、翌シーズンの組み合わせ及び日程を立案し決定する。

4.審判
4-1 審判については、主審、副審共、実行委員会より派遣する。

5.表彰
5-1 チーム表彰は優勝チームとする。
5-2 個人表彰は以下のとおりとする。
1)最優秀選手、最多得点者
2)その他、特に表彰を必要とする場合は個別に決定する。

6.罰則
6-1 棄権
実行委員会が調査し、故意と認めた場合は本リーグから除名する。
但し、不可抗力と認めた場合は、実行委員会で決定する。
6-2 規約の不履行
規約の不履行を行じた場合は、実行委員会の決定に従うこととする。
6-3 公序良俗に反する行為
リーグの良質な運営に反するチーム等の行為については、実行委員会が調査し、
問題があると判断される場合においてはリーグより是正勧告を行う。
なお、再三の勧告に従わず公序良俗に反する行為を繰り返す場合には、
実行委員会においてチームの勝点剥奪や試合の没収、除名等を決定する。

7.試合
7-1 競技規則
エフチャンネルのソサイチ競技規則を採用する。
主な競技規則でサッカーと異なる点は以下の通り
1) ゴールキーパーを含む7人制
2) オフサイドなし
3) 交代自由 (一度アウトした選手も再度出場が可能)
4) ゴールキックではなく、ゴールキーパーからのゴールクリアランスで再開
6) FK時の壁の距離を 7mとする
7-2 グラウンド
グラウンドの大きさは長さ50m~60m、幅30~40mを原則とする。
7-3 試合球
日本ソサイチ連盟公式試合球5号サイズを使用する。
7-4 ゴールサイズ
ゴールサイズは、幅5m×高さ2.2mとする。(ジュニアサッカーゴールサイズに相当)
7-6 時間
前半18分、後半18分、計36分として延長戦は行わない。
前半開始22分後に後半を開始するものとする。
7-7 メンバー提出
メンバー表はマッチミーティング時に提出する。
7-8 試合開始時最小成立人数
試合開始時において、GKを含めチーム最低5名の選手を要する。
なお、上記に満たない人数の場合は不戦敗とする。
不戦敗となった場合の対応については、0対5とする。※不戦敗時はキャンセル料を支払う。
7-9 マッチミーティング
マッチミーティングは試合開始20分前に実施する。
ミーティング時にはチーム責任者の参加を要する。
その際に、メンバー表を提出すること
7-10 交代要員
交代選手は、13名まで登録可能とする。
7-11 ベンチ入りスタッフ
事前に登録されたスタッフ(監督、コーチ、トレーナー)のうち、5人までのベンチ入りを認める。
7-12 記録
試合記録は所定のシステムにより記録者および記録補助員によって取るものとする。
試合終了後、主審・運営担当者の署名を以て記録は成立するものとする。
7-13 順位決定
勝ち点方式とし、勝ちは3点、引き分けは1点、負けは0点とする。勝ち点合計が同一のチームがある場合は以下により順位を決定する。
1)全試合のゴールディファレンス(得点-失点)
2)全試合の総得点
3)当該チーム間の対戦成績
4)抽選
7-14 規律関係
1)試合中、退場を命ぜられた選手は、次の公式戦の出場を禁じ、以後の処置は、実行委員会の裁定に従う。
2)当リーグの警告累積(警告2枚)による停止処分については、直後のリーグ戦で出場停止とする。
なお、リーグ戦残試合数をもっても出場停止処分を消化し得ない場合については、リーグ戦終了直後の公式試合において停止処分を消化する。
3)上記出場停止中の選手を出場(エントリー、ベンチ入りを含む)させた場合、リーグ最終獲得勝ち点より3点をマイナスし順位を決定する。
4)出場停止選手の管理、ホームページ掲載は事務局にて実施する事とするが、最終責任は当該チームにあるものとする。(掲載事項に誤りがあった場合は速やかに事務局に連絡すること)
7-15 その他
・シンガード着用を義務付ける。着用なき場合は出場できない。着用せずに出場した場合は警告とする。
・装飾品の着用は一切認めない。
・コート外でのボールの使用は禁止とする。
・傷病手当てについては、救急車の手配は行うが、その後についてはチームの責任において処置すること。
・参加者の事故・傷病・障害・会場破損事故等に関しては、一切の責任を負わないものとする。
・参加に要する費用は、すべて参加チームの負担とする。
上記に定めていない事項については、国際ソサイチ連盟の競技規則及び、リーグ取り決め事項によることとする。

8.試合運営
実行委員会より運営責任者を派遣する。

PAGE TOP